換気システム

換気システムに関するお問合せ

  • 換気システムトップ
  • 換気システムってなに?
  • 製品ラインナップ・スペック
  • サポート

換気システムってなに?

換気システムとは

窓を開けなくても換気装置を使用して強制的に室内の空気の入れ替えができるシステムです。
建築基準法により設置が義務づけられているため、2003年以降に建てられた日本の新築の住宅には必ず設置されています。

なぜ、換気が必要なのか?

なぜ換気が必要なのか

なぜ換気が必要なのか

それは、端的にいってしまえば「法律で定められているから」です。
2003年に住宅の24時間換気が義務化され、家の空気を1時間に0.5回入れ替える機器の設置が必須項目となりました。 この時期に問題となっていた、ホルムアルデヒドなどのシックハウス問題は解消され、現在では換気の必要性を再定義されつつあります。

次のような代表的なメリットが挙げられます。

1.結露対策

3人家族における100-140㎡の居住スペースでは、1日平均10.65Lの水分を排出します。結露を放置すると、結露水が発生しカビの原因にもなります。建材の劣化にもつながり、住宅の寿命を縮めます。

2.カビ/ダニの発生

ダニの発生数と、換気システムの稼動には、相関性があります。換気装置を使用しない場合、ダニの発生率は急激な伸びを示します。逆に、換気装置を回し始めると、ダニの数は徐々に減少してゆくというデータがあります。

3.外部空気の影響

日本には、PM2.5や花粉といった外部からの有害物質が多く存在します。現在では、それら有害物質が室内に入らないよう、外の空気をフィルタリングして室内に取り込むという役割を換気が担います。

4.CO2濃度

私たちは、人生の90%を密閉された空間の中で過ごします。CO2濃度の上昇は、集中力の低下にもつながります。換気は、CO2濃度を低下させる事により、生活の質を向上させる役割を担います。

5.省エネルギー

先進の換気システムには、熱交換装置が付いており、部屋の温度を外に逃がしません。少ない電力でも、最大で90%の熱を回収するため、冷暖房負荷を大幅に減らし、光熱費を減らす事ができます。また、室内の温度変化が少なくなるため、冬場のヒートショック対策としても非常に有効な手段です。

ZEHや、住宅の性能が重視される昨今、「光熱費削減」「清潔・快適」の熱交換器付きの換気システムが最も有効な換気手段と言う事が出来るかと思います。
スティーベルは、熱交換換気システムをフルラインナップで御用意しているため、お客様の様々な状況に応じ、上記のメリットにプラスして「簡単」で「長寿命」なシステムのご提案が可能です。

なぜ義務づけられているの?

シックハウス症候群を防止するための対策

住宅の高気密・高断熱化に伴い、生活用品や建材に用いられた化学物質、高い温湿度によって発生したカビやダニ、また暖房・給湯器などから放出される一酸化炭素、二酸化炭素、窒素酸化物などが室内を汚染し、それが原因で起こる健康被害を「シックハウス症候群」といいます。

シックハウス症候群を防止する対策としては、化学物質の発散量の少ない建材を使用するとともに、換気によって室内の化学物質の濃度を低減させることが効果的です。
このため、2003年に建築基準法が改正され、強制的に室内の空気を自動的に行うことを可能とした24時間換気システムの設置が義務付けられることになりました。

どうやって換気しているの?

換気システムの換気形式には、大きく分けて3つのタイプがあります。
住宅用に使用される換気システムは、第一種換気方式と第三種換気方式が一般的です。
それぞれのメリット、デメリットをご理解いただき、住宅にあった最適なシステムをお選びください。

24時間(常時)換気システムの種類
換気の種類 換気の特徴 注意事項
第1種換気方式
第1種換気方式
  • 給気・排気とも機械換気で強制的に行う換気方法。
  • 機械換気の中で最も確実な給気・排気が可能。
  • 空気の流れを制御しやすく戸建・集合住宅ともに適しています。
  • 各居室に給気機を設置。
  • 圧力損失と送風機能力の適応性の確認は給気および排気の両方について行うことが基本。
  • 給気及び排気いずれかの風量の合計が必要換気回数以上であることが必要であり、他方の風量の合計も同程度として給気量と排気量のバランスを取る必要がある。
第2種換気方式
第2種換気方式
  • 給気は機械換気で行い、排気は排気口から自然に行う換気方式。
  • 建物の気密性能によっては、室内の湿気が壁内へ侵入する恐れがあり、内部結露が起こる可能性が高い。特に寒冷地は注意。
第3種換気方式
第3種換気方式
  • 排気は機械換気で強制的に行い、給気は給気口などから自然に行う換気方式。
  • 排気が機械換気のため、湿気が壁内に侵入しにくい。
  • 高気密住宅では、低コストで計画換気が可能。
  • 各居室に給気口を設置
  • 低気密住宅の場合、換気経路が確保されにくく計画換気ができない。
  • 居室内が換気設備により減圧されるため、天井裏等より空気が流入する恐れがある。そのため、この機械換気方式を採用する場合、天井裏等にも換気設備が必要となる事がある。

顕熱式と全熱式の違い

スティーベルの換気システムは、多くのモデルで“熱交換機能”を有しています。
また、熱交換機能には、顕熱交換式と全熱交換式があります。熱交換方式の違いについては下記のページをご確認ください。

顕熱交換式と全熱交換式の違いについて

スティーベルの換気システム

日本スティーベルでは、第一種換気方式の熱交換換気システムではLWZシリーズ、ツイン・エアー・フレッシュ、第三種換気方式の換気システムではLAシリーズをご提供しております。

第一種換気方式LWZシリーズ (セントラル換気)

LWZの紹介

第一種換気方式
LWZシリーズ(セントラル換気)

空気の流れを制御しやすく戸建・集合住宅ともに適しています。

こんな方にオススメ
  • 新築の戸建・集合住宅に熱交換換気システムを導入したいと検討されてる方
  • 冷暖房負荷を削減したいとお考えの方
  • 住宅内の空気を常にきれいにしたいと強く意識されている方

詳しくはこちら

第一種換気方式 ツイン・エアー・フレッシュ (ダクトレス給排気)

LT50紹介

第一種換気方式
ツイン・エアー・フレッシュ
(ダクトレス給排気)

一台で給排気が可能なダクトレスタイプです。

こんな方にオススメ
  • 配管工事をせずに据付したい方
  • 常時居住しているスペース「だけ」新鮮な空気の確保をしたいとお考えの方
  • リフォームで熱交換換気システムを導入したいとお考えの方
  • 冷暖房負荷を軽減したいとお考えの方

詳しくはこちら

第三種換気方式LAシリーズ (ダクトレス換気)

第三種換気方式
LAシリーズ(ダクトレス換気)

高気密住宅で、低コストで計画換気が可能です。

こんな方にオススメ
  • 既築の住宅や事務所に換気システムを導入したい方
  • マンションなどの集合住宅に換気システムを導入したい方
  • 高層マンションなどで外部の風圧が気になる方

詳しくはこちら

PICK UP

顕熱交換式と全熱交換式の違いについて

顕熱交換式と全熱交換式の違いについて

顕熱交換式と全熱交換式の違いについてご紹介します。

LWZシリーズ

LWZシリーズ

空気の流れを制御しやすい戸建・集合住宅ともに適した換気システムです。

ツイン・エアー・フレッシュ

ツイン・エアー・フレッシュ

一台で給排気が可能なダクトレスタイプの換気システムです。

LA60

LA60

高気密住宅で低コストで計画換気が可能な換気システムです。

PAGE TOP