換気システム

換気システムに関するお問合せ

  • 換気システムトップ
  • 換気システムってなに?
  • 製品ラインナップ・スペック
  • サポート

製品ラインナップ・スペック

換気システムデジタルカタログ

換気システムデジタルカタログ(換気設備機器総合カタログ)はこちらからご覧いただけます。

換気システムデジタルカタログ

『建築知識ビルダーズ No.33』特集記事

『建築知識ビルダーズ No.33』LWZ-130特集記事

機械換気の中で最も確実な給気・排気が可能

機械換気の中で最も確実な給気・排気が可能

給気・排気とも機械換気で強制的に行う換気方法で機械換気の中で最も確実な給気・排気が可能です。 空気の流れを制御しやすく戸建・集合住宅ともに適しています。

LWZは環境先進国ドイツで生まれた高気密・高断熱の住宅で威力を発揮する先進の換気システムで、業界の中でも最高クラスを誇る熱交換率です

LWZは環境先進国ドイツで生まれた高気密・高断熱の住宅で威力を発揮する先進の換気システムです

LWZの紹介

LWZのメリットって?

エアコンでせっかくお部屋を暖めたり冷やしたりしても、外気をそのまま室内に入れてしまったら意味がないと思いませんか?

顕熱交換式タイプのLWZの熱(温度)交換率はなんと90%。これは、たとえば冬であれば外気温が0℃の時、室内の気温 が20℃だった場合、外気温を0℃のまま給気せず、18℃まで温めてから室内に給気することができる、ということになります。つまり、エアコンで余分な空 気を暖めたり冷やしたりする必要がなくなり、冷暖房費の削減につながります。

フィルターでハウスダストや、汚い空気をブロック

フィルターでハウスダストや、汚い空気をブロック “壁掛けタイプ”の換気システム

壁掛けなので、フィルターの交換が非常に簡単です。室内の空気を常にきれいにしたいと強く意識されている方に最適です。高性能なフィルターを通すことで汚い空気をブロック。虫はもちろん、花粉や空気中の塵などを家に入れず、常に室内の空気がクリーンな状態で保たれるので、花粉やハウスダストなどのアレルギーをお持ちの方や、大気汚染が気になる方にもおすすめです。

熱交換のしくみ

熱交換のしくみ

屋外に排出する汚れた空気から熱のみを回収し、その熱を再利用することで、新鮮な外気を室温に近づけて室内に給気することができます。

一般的な熱交換換気システムの熱交換率は70%~80%ですが、スティーベルエルトロンのLWZは熱交換率90%と業界でもトップクラスの熱交換率を実現し、より快適性の高い住宅づくりに貢献しています。

※顕熱式の場合

高い熱交換率を実現できている理由

高い熱交換率を実現できている2つの理由

スティーベルエルトロンのLWZは、一般的な熱交換器が採用するクロスフロー方式とカウンターフロー方式を融合させたクロスカウンターフロー方式を採用し、一般的な熱交換器よりも冷気と暖気の接触面が多い六角形(ヘクサゴン型)の熱交換器を導入することで、一度に熱交換を行う面積を増やすことにより、一般的な熱交換器よりも高い熱交換率を実現することができました。

もう1つの特徴は、高い気密性で設計された機器の内部構造です。内部のロスを極限まで低減させた構造を有しており、高い熱交換率を実現します。

ECモーターの構造

ECモーターの構造

LWZは天候や使用条件に左右されず、一定の風量を出力することができます

一般的な換気システムは天候や使用条件(フィルターの汚れなど)によって、換気に必要な風量が出せなかったり、または出しすぎてしまったりしがちです。

LWZが採用しているモーターは電子制御モーター。温度や静圧をセンサーで感知して常に必要な風量を出力します。

設定した風量を維持するため、ファンを自動で調整。たとえば、給気量がフィルターの使用度合いによって影響を受ける場 合、ファンの回転数を自動的に上げて風量を維持すると共に建物内の気圧を一定に保つことができるので、OA配管以外からの外気の侵入を防ぎます。また、5 ㎥/h単位で調整が可能なため、過換気や過小換気を防ぎ、余分なエネルギーをつかいません。

なお、一般的には熱交換システムには備わっていない機能として、「静圧バランス調整機能」があります。(サービスマンモード)どうしても、給/排気の機外静圧のバランスが大きく異なるダクト設計となる場合、この機能により静圧のバランスを行うことができます。

高い熱交換率だからこそ省エネ性能に優れています

LWZを使用することで、冷暖房費の負荷を削減することができます。

理由その1:効率の良い熱交換を行うことができる技術を採用していること理由その2:必要な時に必要な風量を出力することができるモーターを内蔵していること

これらの理由により、エネルギーロスを最小限に抑え、結果的に環境負荷と冷暖房費の削減に貢献することができるのです。

室温22℃を保つ場合の冷暖房、換気費用比較(外気温は東京で算定)

※ランニングコストの算出基準
住宅建設場所:東京 ・延床:120㎡ ・住宅Q値:1.6w/㎡K
暖冷房機器:エアコン(COP3相当) ・料金:東京電力様従量電灯
大容量の風量で、住宅の換気を一台で設計可能
家の壁にたくさん給排気用のフードをとりつける必要がないため外観のデザインを壊さない

せっかく新しい家を建てたのに、外壁には換気用のフードがチラチラと・・・。 仕方ないとはいえ、やはりデザインにこだわって建てた方には気になるところ。 LWZは、約120~約330㎡の住宅ならたった1台※で設計できます。換気システムが1台になることで、機器の管理がより簡単になり、外壁の開口箇所も少なく抑えられます。
※顕熱式の場合

LWZ一台で1階・2階の換気を制御

LWZ一台で1階・2階の換気を制御

納戸内、洗濯機の上等に壁掛け設置できます。

納戸内、洗濯機の上等に壁掛け設置できます。

製品ラインナップ・スペック

低炭素/ゼロエネ住宅向けヒートポンプベース暖房換気システム

温水暖房システムをご計画のお客様向けのご提案。給気を温水で加熱し、居室の暖房を補助。室温より高い空気を供給するので暖房システムの小型化が可能となります。
※別途温水熱源(ヒートポンプ)からの配管が必要です

低炭素/ゼロエネ住宅向けヒートポンプベース暖房換気システム

アレルギー/過敏症/PM2.5対応クリーンエアーシステム

LWZ本体内のフィルターで取りきれなかったより微細なアレルゲンやPM2.5などの微粒子を、さらに性能の高いフィルターでブロック。LWZ本体内のフィルターでゴミや塵などの大きな侵入物を防ぐことができるため、フィルターボックスに入っている高価格・高性能なフィル ターの交換頻度をより少なく抑えることができます。

アレルギー/過敏症/PM2.5対応クリーンエアーシステム

厳寒地向けノンデフロストシステム

厳寒地におけるOA側の空気を、プレヒーターユニットを通してあらかじめ暖めることによって、デフロストを防止し、一定の換気量と高い熱交換効率を確保できます

厳寒地向けノンデフロストシステム

全館空調対応 高性能住宅向けベース暖房空調換気システム

給気を温水で加熱し、居室の暖房を補助。室温より高い空気を供給するので暖房システムの小型化が可能となります。ドイツ パッシブハウス基準相当の住宅は、暖房機器の設置が不要で換気風量を加温するだけで十分室内の温熱環境が維持されます。本システムは同基準相当の住宅に最 小限の暖房器機器で全館空調を実現させるものとなります。
※別途温水熱源(ヒートポンプ)からの配管が必要です。

全館空調対応 高性能住宅向けベース暖房空調換気システム

PICK UP

換気システムの種類について

換気システムの種類について

顕熱交換式と全熱交換式、ダクト式とダクトレス式の違い等、各換気システムの種類や特徴についてご紹介します。

LWZシリーズ

LWZシリーズ

空気の流れを制御しやすい戸建・集合住宅ともに適した換気システムです。

ツイン・エアー・フレッシュ

ツイン・エアー・フレッシュ

一台で給排気が可能なダクトレスタイプの換気システムです。

LA60

LA60

高気密住宅で低コストで計画換気が可能な換気システムです。

PAGE TOP